可愛いもシンプルも自分次第!簡単に作れるオリジナルTシャツ

Tシャツ

オリジナルTシャツの依頼先

オリジナルTシャツを作ろうとしたとき、どこに頼めば良いか分からない人が大半です。依頼先を探すときは、街のユニフォーム屋さんに相談する方法とネットで注文する方法があります。まずはネットで情報収集をするのがオススメです。オリジナルTシャツの需要は少なくないので、検索エンジンで検索すると、オリジナルTシャツ製作を請け負う会社が複数ヒットします。それらを見比べ、値段の相場やロットや納期について分析する必要があります。ショップによって条件は違いますが、大まかな価格設定はさほど開きがありません。

ネット上でオリジナルTシャツを作るときのデメリットは、実際に目で見て触って生地の風合いや厚みを確かめることができない点です。ネット上で見る色と現物の色が異なる場合もありますし、柔らかい生地なのか硬い生地なのかはネット上で確認することはできません。大まかなプリントがTシャツに再現できれば良いのであれば問題はないのですが、Tシャツの素材にこだわりがある場合は実際に店舗でTシャツのサンプルを触って確かめたほうが良いでしょう。ネット店舗のみのショップだけでなく、実店舗を持つショップを探して、担当者と綿密に打ち合わせすることをおすすめします。

シンプルなTシャツをアレンジする方法

オシャレアイテムとしての大定番である無地Tシャツは、何枚持っていても重宝しますよね。しかし、定番だけに気づいたら同じようなTシャツを何枚持っているなんてことも。無地Tシャツはそのまま着てもオシャレですが、一手間加えるだけでオリジナルTシャツに生まれ変わらせることができるんです。その方法を幾つか紹介します。
まず、身近なもので染める方法です。大きい鍋と染色液を用意し、Tシャツを煮て色を付けるという方法です。コーヒーなどが手に入りやすく染め物初心者にはおすすめです。このとき、Tシャツを輪ゴムで何箇所か縛ると、絞られた部分が柄になって可愛いです。次に、アップリケやシールをプリントする方法です。100円ショップなどで豊富に種類が売られているので探してみてください。方法は簡単で、シールをオリジナルTシャツに載せて、上から布越しにアイロンをかけて貼り合わせます。失敗知らずの方法なので不器用な方でも大丈夫ですよ。
最後に、布用のペンや絵の具で直接イラストを書く方法です。絵を書くのは苦手という方でも、ステンシルシートを買ってその上から絵の具を塗れば、かんたんにオシャレなオリジナルTシャツが作れますよ。イラストを濃い目に印刷して、Tシャツの下から透かしてなぞる方法もあります。ぜひ無地Tシャツのアレンジに挑戦してみてください。

オリジナルTシャツはインクジェット印刷が最適

自分用の「オリジナルTシャツ」を制作するなら、ジェットインク印刷が最適です。たった1枚のために版を作ってインクを乗せるプリント方法を選ぶと、ただ高くついてしまうので要注意です。ジェットインクは1度にたくさんのカラーを吹き付けられるので、色が何色追加されても費用が変わることはありません。また、柔軟性が高く、どんなデザインにも対応できるのがメリットです。思い描いていた通りのオリジナルTシャツが完成し、大満足することでしょう。
ジェットインク印刷は、カラーをキレイに定着させるために下地が使用されます。そのためその部分だけかたくなって、生地の質感が変わってしまうことを頭に入れておきましょう。また、濃いカラーにプリントする場合、本来のカラーが発揮できにくくなるので、ホワイトを吹き付けた上にインクが乗せられます。そしてもうひとつ、白Tシャツ以外のオリジナルTシャツにグラデーション仕上げをした場合、縁取りに白さが残ることも知っておきましょう。ジェットインク印刷はたいていの印刷工場でおこなわれているプリント方法ですが、職人の技術に差があります。美しく仕上げてもらうためにも、技術のレベルが高い職人がいる業者をセレクトしましょう。